マイコンプラス

    二足歩行ロボットの制御やセンサの使い方、ロボットキット、ロボットの大会などについて紹介します

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    加速度センサ

    加速度センサについて

    ・加速度センサ


    加速度センサは加速度を検知するセンサである。
    検知した加速度に対応した電圧を出力したり、1バイト程度のデジタルデータを出力するものなどがある。
    加速度センサデバイスには1軸~3軸まで他種類ある。

    ・使いどころ


    1.「衝撃を検知する」
    なんらかの衝撃を与えられると、速度が変化して加速度が発生する。これを検知できる。
    人間の場合、座っているときや、走っているときに誰かにぶつかられると衝撃を感じて、受け身の体勢に入ったりする。これをロボットにやらせることができる。

    2.「ロボットの傾斜角度を検知できる」
    地球上の物体は常に重力加速度で地面方向に移動しようとする。加速度センサの値を見ると、実はこの重力による加速度も検知している。重力加速度はいつでも物体に働き、常に地面方向に向いているから、ロボットの姿勢が地面に対して(重力方向に対して)何度傾いているかが分かる。

    加速度センサは以下のサイトで入手しやすい。

    ・加速度センサリンク


    3軸加速度センサモジュール KXM52-1050

    加速度とは速度の時間変化率のこと。
    速度が単位時間あたり(例えば1秒)の距離の変化を表しているのと同じように、加速度は単位時間あたりの速度の変化を表している。
    速度の例:
    1秒の間に、ある物体の位置が5m変化する→5m/s(5メートル毎秒)
    加速度の例:
    1秒の間に、ある物体の速度が3m/sだけ変化する→3m/ss(3メートル毎秒毎秒)
    [ 2011/01/19 15:44 ] センサ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。